カウンセラーの仕事はプライドが大事!

<普天間移設>シュワブ陸上案に社民改めて反発(毎日新聞)

 社民党の重野安正幹事長は4日、記者会見で、政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先としてキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)を検討していることに「沖縄に基地を残すのはとんでもない話。絶対に同意できない」と述べ、反対する考えを重ねて示した。

 重野氏は、平野博文官房長官が政府・与党でつくる沖縄基地問題検討委員会を打ち切る可能性を示したことに「開催を求めていく」と批判。「政権交代して、半年足らずで結論を出せというのはどだい無理な注文だ」と語り、政府が目指す5月末までの移設先決定は難しいとの認識を示した。

 同党の照屋寛徳国対委員長も同日、党普天間問題をめぐるプロジェクトチームの会合で、「陸上案に決まった場合、体を張った抵抗を真っ先にやる。(シュワブ入り口の)ゲート、道路を封鎖してしまえばいい」と強調した。【西田進一郎】

【関連ニュース】
普天間移設:東富士分散案に3市町反発
普天間移設:首相「月内に政府案」
普天間移設:米大使「現行案がベスト」 平野長官らと会談
普天間移設:平野官房長官、検討状況のみ米大使に伝える
普天間移設:政府、キャンプ・シュワブ陸上案で調整

<防水携帯電話>水害で無線機水没を受け購入(毎日新聞)
小沢氏「職責を全う」辞任示唆否定(産経新聞)
「津波被害を最小限に」 鳩山首相が指示(産経新聞)
甦る往年の名テナー・永田絃次郎 (産経新聞)
<新型インフル>余るワクチン 欧米でWHO非難も(毎日新聞)
[PR]
by c4shyuvbdj | 2010-03-06 22:44
<< 隣家の男に切られ負傷 大阪・寝... 「病腎移植について理解してもら... >>



カウンセラー人生、いつかは報われるさ!
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧