カウンセラーの仕事はプライドが大事!

<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

認知症の人を受け入れ、尊重するケアを(医療介護CBニュース)

 認知症介護研究・研修大府センターは1月23日、「認知症ケア現場に活かすパーソン・センタード・ケア」と題して都内で講演会を開いた。認知症の人に対する「パーソン・センタード・ケア」の考え方や方法について、ロールプレイを交えた説明があり、会場を訪れた介護従事者など約250人が耳を傾けた。

 講演会では、新人のケアスタッフが先輩の指示に基づき、認知症の人をトイレに案内する場面を想定したロールプレイが行われた。悪いケアの例として、▽認知症の人の頭越しに先輩スタッフが新人に指示をする▽認知症の人の名前に「ちゃん」を付けて呼ぶ▽どこへ連れて行くのか本人に告げず、急に車いすを動かす―といった寸劇が上演された。

 NPO法人「その人を中心とした認知症ケアを考える会」の村田康子代表が、これらの場面を解説し、認知症の人を無視したり、怖がらせたり、後回しにしたりすることを、本人の価値や尊厳を傷付ける「悪性の社会心理」に当たると説明。ケアスタッフがこうした行動を取るのは、認知症の人は「何も分からず、問題が多い」「(健常者と)隔たりがある」などといった認識があるためだと訴えた。
 村田氏は、認知症の人を理解する上では、本人の言葉や行動が最良の情報源になると指摘。一方で、「悪性の社会心理」によって「ないがしろにされている」という不安を抱き、認知症の人が言葉を出さなくなると、ケアをする側が認知症の人の感情や考えを理解できなくなり、「良いケアをするためのアイデアの出しようがなくなる」と強調した。

 「いまいせ心療センター」(愛知県一宮市)の水野裕診療部長は、認知症の人が周囲や社会とかかわりを持ち、人として受け入れられ、尊重されていると本人が実感できるよう、本人やケア提供者らが共に行う「パーソン・センタード・ケア」の重要性を強調。こうしたケアを実現するには、▽本人を輪から外さない▽客観的な事実だけにとらわれない▽ケアをする側が、笑顔で良い状態にある―ことなどが重要と訴えた。
 また、ケアを行う施設と地域はつながっており、通所施設や短期入所などから自宅に戻ることを想定したケアを行う必要があると指摘。身の回りのすべての世話をするのではなく、できることは本人に任せることが重要だと強調した。


【関連記事】
都内の認知症GHの7割が入居率90%以上―東社協調査
相談窓口によって制度の説明に差―東京都が若年性認知症で調査
孤立する高齢者、地域でどうケアする?
認知症の人のケアは「その人の人生を振り返って」
認知症GH、大都市部などで3ユニットまで可能に―厚労省通知

岐阜・中津川の家族6人殺傷、2審も無期判決(読売新聞)
原口総務相「取材源明かせとは考えず」(産経新聞)
両陛下、農林水産祭天皇杯受賞者とお会いに(産経新聞)
【健康】携帯で健康チェック(産経新聞)
朝青龍「残念な行動」=相撲協会に報告求める−文科相(時事通信)
[PR]
by c4shyuvbdj | 2010-01-31 01:05

<サバ水煮缶>高濃度ヒスタミン検出…保健所が回収命令(毎日新聞)

 青森県は22日、八戸市内の食品製造会社「宝幸八戸工場」で製造されたサバの水煮缶(190グラム)から高濃度のヒスタミンが検出されたと発表した。水煮を食べた埼玉県川越市の男性1人が口のしびれなどを訴えたという。八戸保健所は工場に対し、同じ製造工程を経た4000〜5000個の回収命令を出した。男性は既に回復しているという。

 青森県によると、水煮缶は昨年8月に製造され、100グラム当たり325ミリグラムのヒスタミンが含まれていた。ヒスタミンはサバに含まれる魚肉たんぱく質のアミノ酸が高温で繁殖した細菌で分解されてできることがある。県は「サバがどこかの段階で通常の冷蔵温度より高い状態に置かれていた可能性がある」とみている。【後藤豪】

【関連ニュース】
花粉症で「気づきにくい能力ダウン」 啓発プロジェクト発足

我こそは! 千葉都市モノレールが社長公募(産経新聞)
小沢事務所 別工事でも受注謝礼要求 年2000万円(毎日新聞)
八ッ場ダム、国交相と住民が24日に初対話(読売新聞)
足利事件再審 菅家さんテープ 否認後再び「自白」、号泣(毎日新聞)
土地問題 小沢氏「?」だらけ 「事実のすべて」というけれど…(産経新聞)
[PR]
by c4shyuvbdj | 2010-01-29 16:44

小沢氏続投に意欲「信念貫き仲間と一緒に」(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は東京地検特捜部の事情聴取から一夜明けた24日、広島市のホテルで開かれた同党衆院議員のパーティーに出席した。

 小沢氏は自らの資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件について「心配、迷惑をかけていることをおわびする。不徳の致すところだ」と陳謝。そのうえで「今後もそのようなことがないように、きちんと信念を貫き、仲間と一緒に頑張っていきたい」と述べ、幹事長続投の考えを改めて強調した。23日の事情聴取には直接、言及しなかった。

 一方、夏の参院選に関しては「最終仕上げの決戦場になる。過半数を取り、政権基盤を一層強固にすれば思い切った政策を実行できる」として、参院選対策に全力を傾ける決意をにじませた。

追試実施は見送り=「インフル患者減少」−東大入試(時事通信)
介護報酬改定後、月9千円賃金アップ―厚労省が速報値(医療介護CBニュース)
原子力事故 初期医療を支援する専門チーム発足 放医研(毎日新聞)
5月結論、地元の同意なしも=普天間移設で平野官房長官(時事通信)
<補正予算案>25日採決で大筋合意 衆院予算委理事会(毎日新聞)
[PR]
by c4shyuvbdj | 2010-01-28 14:34

小沢氏の公設秘書、大久保被告の西松献金事件公判を延期 (産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で逮捕された公設第1秘書、大久保隆規容疑者(48)について検察と弁護側、東京地裁が21日、協議を行い、今月26日に予定されていた西松建設の違法献金事件の第3回公判期日を取り消すことで合意したことが関係者への取材で分かった。

 大久保容疑者は昨年3月、西松建設事件で逮捕、起訴された。第3回公判では大久保容疑者の被告人質問が行われる予定だった。しかし、今回の逮捕で26日は勾留(こうりゅう)中となる見通しのため、検察側が公判期日の延期を申し入れていた。

【関連記事】
大久保被告「小沢氏の相続資産」 土地購入代金、石川容疑者が供述
意地の特捜部、対決姿勢の小沢氏
断てぬ「利益誘導」政治…田中・金丸直系の小沢幹事長
裏献金、鹿島が指示か 水谷建設に「あいさつに行った方が」
「任意捜査では解明できない」と判断 小沢氏の関与、随所に

ゆるキャラ関西チーム、香港へ海外遠征(産経新聞)
テープで指紋変え入国、韓国人の女2人逮捕(読売新聞)
土佐電 通行手形手渡す「安全」今も活躍(産経新聞)
自民千葉県連、猪口元少子化担当相を参院選に擁立へ(産経新聞)
<訃報>ミッキー安川さん76歳=タレント(毎日新聞)
[PR]
by c4shyuvbdj | 2010-01-26 20:35

名護市長選 稲嶺氏初当選 移設反対派が勝利 鳩山政権、代替案急務に(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題を最大の争点とする同県名護市長選は24日投開票され、移設反対を掲げた新人の元市教育長、稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新、沖縄社大推薦=が、現職の島袋吉和氏(63)=公明支持=を破り、初当選した。日米合意に基づき、普天間飛行場を名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部へ移設する現行計画は実現困難となった。投票率は76・96%で、前回(74・98%)を1・98ポイント上回った。

 政府・与党は、普天間問題で5月までに移設先を決定する方針。平野博文官房長官は24日、都内で記者団に対し「市民の声を受けて首長が誕生したという結果は結果として受け止める」と述べ、移設反対の民意を尊重する考えを示した。

 政府は、沖縄基地問題検討委員会(委員長・平野長官)で普天間問題を検討し始めたばかりだが、現行計画も選択肢の一つとして含みを残してきた。だが今後は、現行計画を議論のテーブルに乗せるのは困難だ。

 稲嶺氏は同日、「辺野古の海に基地を造らせないという約束で戦った。公約を信念を持って貫く」と述べており、今後は、県内で「国外・県外移設」を求める声が強まるのは確実だ。

 条件付きで移設を容認する立場で、落選した島袋氏を支援した仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事は同日、「辺野古に移設するかどうかは政府が200%決めることだ。与党の検討委員会の結果を待つ」と述べ、決断の責任が国にあるとの立場を強調した。平野氏も同日「移設先は日本政府が判断しなければならない」と語った。

 政府は、辺野古に代わる新たな移設先の検討作業を急ぐが、米国が計画変更に応じる見通しはなく、普天間飛行場の移設自体が白紙に戻る危険性がある。

 普天間問題では、平成9年に行われた名護市の住民投票で移設受け入れ反対が賛成を上回ったものの、10年、14年、18年の市長選ではいずれも移設容認派が当選してきた。

【関連記事】
揺らぐ沖縄 自治体に「安保」委ねた首相
普天間決着、再び先送りか 首相の責任論も
選択迫られ分断 辺野古の住民に葛藤と怒り
辺野古移設の是非に審判 名護市長選24日投開票
「辺野古反対は生命線」社民党大会で意見相次ぐ

元オウム真理教幹部、新実被告の死刑確定へ(産経新聞)
ハイチに見舞5万ドル 東京都(産経新聞)
検察批判会合への政務官出席 官房長官「政府と一体なら不適当」 (産経新聞)
「政治とカネ」で与野党激突へ=第174通常国会召集(時事通信)
千葉大生殺害 前日、現場の部屋で1泊…関与認めた男供述(毎日新聞)
[PR]
by c4shyuvbdj | 2010-01-25 21:17

<ハイチ大地震>医療援助で160人に派遣命令 北沢防衛相(毎日新聞)

 ハイチ大地震の救援活動のため、北沢俊美防衛相は20日、国際緊急援助隊の自衛隊部隊の派遣命令を出した。地震の被害が依然として極めて深刻な状況で、陸上自衛隊による医療援助隊(医官や看護官など)約100人を中心に、計約160人態勢で医療活動を行う。

 国際協力機構(JICA)中心の国際緊急援助隊医療チーム25人が現在、首都ポルトープランスの近郊レオガンの看護学校で治療活動を行っており、自衛隊部隊が引き継ぐ予定。

 医療援助隊の中心メンバーが所属する広島県海田町の陸上自衛隊海田市駐屯地で20日、出発式があった。援助隊隊長の白川誠1等陸佐は「被災者のご苦労を少しでも和らげるため、日本人の真心をもって人道支援をしたい」と話した。援助隊は21日夜、成田からチャーター機で出発する。【樋岡徹也、矢追健介】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:AMDA代表ら被災者支援に出発
ハイチ大地震:日本の専門料理店で募金 客から支援の声
ハイチ大地震:NGO「ハイチの会」ら募金活動 名古屋
日本ハイチ友好議連:支援方針を確認
ハイチ大地震:被災者救援で「外交戦」展開 米国や中国

<陸山会土地購入>小沢幹事長聴取、再び要請 東京地検(毎日新聞)
教研集会、山形で開幕=文科政務官があいさつ−日教組(時事通信)
<法科大学院>14校が抜本的な改善必要、12校は不十分(毎日新聞)
駐在所で長男、拳銃自殺か=高校1年、自室で死亡−岡山(時事通信)
愛原実花さん退団へ=宝塚歌劇団(時事通信)
[PR]
by c4shyuvbdj | 2010-01-24 11:43

自民千葉県連、猪口元少子化担当相を参院選に擁立へ(産経新聞)

 自民党の千葉県選出国会議員が20日午前、党本部で会合を開き、夏の参院選千葉選挙区(改選数3)に猪口邦子元少子化担当相(57)を擁立することを決めた。これを受けて、党千葉県連は直ちに党本部に公認申請する。猪口氏が公認されれば、同選挙区での自民党候補は現職の椎名一保氏(58)に次いで2人目となる。

 猪口氏は平成17年の衆院選で比例代表東京ブロックで初当選。昨年の衆院選には出馬しなかった。

【関連記事】
選挙区にも定年制を 自民若手らが改革案 
衆院落選組のくら替え出馬に強い不満 自民・谷川参院幹事長
小沢氏の聴取応諾「連絡ない」 首相
加速する民主離れ 産経新聞・FNN世論調査
無党派層と女性の「民主離れ」が顕著に

陸山会土地資金、小沢氏の妻子名義口座から(読売新聞)
仙谷担当相が変節 本音は小沢氏の辞任求めたい?(産経新聞)
<土地購入事件>「5000万円提供指示」と水谷元幹部供述(毎日新聞)
「借りたカネは返すな! 」著者逮捕=顧客に脱税指南容疑−さいたま地検(時事通信)
インド洋給油活動終了へ 防衛相が撤収命令(産経新聞)
[PR]
by c4shyuvbdj | 2010-01-23 10:20

星雲 5500光年かなたの「出目金」?「猫の足」?(毎日新聞)

 地球から約5500光年離れた「出目金星雲」を、欧州南天天文台が南米チリにある望遠鏡で観測し、詳細画像を公開した。星雲は、さそり座の「尾」の近くにあり、形状から日本では「出目金星雲」、欧州では猫の足の裏にある肉球をイメージして「猫の足星雲」と呼ばれている。

【写真特集】日本で観測された彗星

 同天文台は、欧州14カ国が運営する天文観測施設。星雲は、誕生直後から終末期まで数万個の星で構成されている。星が寿命を終えて爆発した跡も観測でき、星の進化を考える貴重なデータになるという。【永山悦子】

【関連ニュース】
【写真特集】かぐやの撮った月、宇宙、地球
【写真特集】火星探査機「フェニックス」
<ニュースがわかる>惑星の素顔が見えてきた/1 進む太陽系の探査
<2010年宇宙の旅>今年の宇宙開発、話題盛りだくさん

名古屋市長 住基ネット離脱方針(産経新聞)
<将棋>初日から激戦突入…王将戦・第1局(毎日新聞)
<普天間移設>辺野古は困難…防衛相「越年で覚悟」(毎日新聞)
贈賄申し込み容疑で業者逮捕=山梨・上野原市長に−警察当局(時事通信)
<人事>総務次官に岡本氏就任(毎日新聞)
[PR]
by c4shyuvbdj | 2010-01-22 15:16

診療報酬詐欺の被告、奈良・山本病院理事長を保釈(産経新聞)

 医療法人雄山会「山本病院」(奈良県大和郡山市、休止中)の診療報酬詐取事件で、大阪高裁は18日、詐欺罪に問われ、1審奈良地裁で懲役2年6月の実刑判決を受けて控訴中の法人理事長、山本文夫被告(52)の保釈を認める決定をした。山本被告は保釈保証金1800万円を即日納付し、保釈された。

 今月13日の1審判決後、奈良地裁が弁護側の7回目の保釈請求を認める決定をしたが、奈良地検が抗告していた。この日午後5時半ごろ、勾留されていた奈良県警郡山署を出た山本被告は、やつれた表情で無言のまま迎えの車に乗りこんだ。

 山本被告をめぐっては、不要な手術で入院中の男性患者を死なせた疑いがあるとして、県警が昨年9月に傷害致死容疑で関係先を捜索し、立件の可否を慎重に捜査している。

【関連記事】
山本病院理事長に実刑判決 奈良の診療報酬詐取
山本病院元事務長に有罪判決 奈良の診療報酬詐取事件
診療報酬詐欺、山本病院理事長に求刑懲役4年
診療報酬詐取、元事務長に求刑2年6月 奈良・山本病院事件
山本病院を傷害致死容疑で捜索 患者死亡事件で奈良県警

政府税調 専門家委座長に神野直彦・関西学院大教授で調整(毎日新聞)
<ケータイ小説大賞>中学校で表彰式と受賞記念イベント(毎日新聞)
小沢氏の公設第1秘書・大久保被告を逮捕(読売新聞)
石川議員から3回目の聴取 特捜部、陸山会土地購入疑惑で(産経新聞)
なた突きつけコンビニ強盗、数万円奪う…山梨(読売新聞)
[PR]
by c4shyuvbdj | 2010-01-21 18:01

石川議員逮捕 通常国会目前の激震(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件は15日夜、元秘書で同党の衆院議員、石川知裕容疑者(36)ら2人が逮捕される事態に発展した。通常国会開会を3日後に控え、国会審議に影響必至のタイミング。東京地検特捜部が決断した背景には、石川議員の不可解な供述や小沢氏の聴取拒否に加え、キーマンの失跡など「捜査上やむを得ない事情」(検察関係者)があった。【岩佐淳士、大場弘行、北村和巳】

【写真特集】石川衆院議員:東京地検が逮捕

 ◇キーマン見失い決断…検察、不測の事態を防止

 一斉捜索から一夜明けた14日。特捜部は事件のキーマンである小沢氏の元私設秘書、池田光智容疑者(32)と連絡が取れないでいた。「自殺したのではないか」。内部に不安が広がった。不測の事態が起これば、事件の根幹が揺らぎかねない。

 検察当局にとって当初から、予期しない事態の連続だった。当初、任意捜査を原則に捜査を進めてきたが、12月27日の石川議員の事情聴取でもくろみが外れた。石川議員は事実経過は認めたものの「記載ミス」だと主張した。政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑の立件には故意、つまり意図的な虚偽記載であることを立証する必要がある。石川議員側は大筋で事実関係を認めたつもりでも、検察サイドには否認と映った。

 しかし、供述は年が明けても変わらない。中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)の元幹部は特捜部に、04年10月、石川議員と東京都内のホテルで会い、5000万円を渡した▽05年4月、当時の会計責任者で公設第1秘書の大久保隆規被告(48)=公判中、逮捕状=に同じホテルで5000万円を渡した、と説明した。石川議員も大久保被告も否定したが、04年の5000万円授受に近接した時期、陸山会には同額の入金記録があった。

 石川議員の説明は「小沢氏から4億円の手持ち資金を借り、土地を購入した」という内容。特捜部は資金を出したとされる小沢氏に説明を求めるため5日、任意聴取を要請した。しかし、小沢氏からは明確な返事がないまま。12日の記者会見でも「捜査中」を理由に小沢氏が説明を避けた。「このままでは真相解明できない」。家宅捜索を決断した。

 ただこの段階でも、石川議員本人に対しては任意捜査を継続する意向だった。通常国会が始まる18日以降は憲法上、議員に不逮捕特権が保障され、検察は逮捕前に衆議院に逮捕許諾請求をし許諾決議案が可決されてやっと逮捕できる。わずか3日前の15日というギリギリのタイミングで逮捕すれば「許諾逃れだ。国会で説明できない程度の証拠しかないんだろう」との批判を招きかねない。実際直前まで、法務検察幹部は「やるなら堂々と許諾請求する」と語っていた。

 そこに舞い込んだキーマンの池田元秘書失跡の情報。池田元秘書は石川議員の後任の事務担当者で内情をよく知る人物で、立証に不可欠とされる。特捜部は行方を突き止め不測の事態を防止するために身柄を確保する必要に迫られた。

 「来年度予算案が審議入りする予定の2月上旬に起訴できる。逮捕すれば国会審議に影響は出るが早ければ影響は少ない」(法務・検察幹部)。15日夜、東京・霞が関の検察庁庁舎に幹部が集まり、石川議員の逮捕を決めた。

 ◇土地購入費4億円が焦点

 土地購入を巡り、政治資金収支報告書に記載されているのは(1)04年10月に小沢氏名義で組んだ4億円の定期預金(2)同月に小沢氏から4億円借り入れ(3)05、06年に2億円ずつ小沢氏に返済した−−との内容だけ。これ以外の複雑な会計処理は、いずれも記載されていなかったり、虚偽の記載があったことが分かっている。

 判明している虚偽記載は(4)04年10月上旬に「小沢氏から借りた」と石川議員が主張し、土地購入費に充てたとされる4億円の記載がない(5)07年4月に約4億円を出金した記載がない−−など。

 このうち特捜部は容疑の核心を(4)と位置づけた。(4)を隠すために(1)〜(3)を記載し、あたかも(2)の借入金で土地を買ったかのように装ったのが容疑の本質とみている模様だ。また(5)については容疑の核心に密接な関係があると位置づけている。

【関連ニュース】
小沢幹事長:土地購入問題で陳謝 違法性は否定
社説:「陸山会」土地取引 小沢氏に説明求めたい
陸山会土地購入:強制捜査に発展 世論読めず民主戦々恐々
陸山会土地購入:「先生に4億円返す」東京地検がメモ押収

東京・新橋で火事 15棟延焼中(産経新聞)
橋下知事、「民主党の地方分権発想、僕の考えとは違う」(産経新聞)
<訃報>西岡義一さん87歳=洋画家、日展参与(毎日新聞)
ヤミ移植仲介業者との関係調査を各大学に要請―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
シーレーンは他国任せ 海自がインド洋から撤収(産経新聞)
[PR]
by c4shyuvbdj | 2010-01-21 00:22



カウンセラー人生、いつかは報われるさ!
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧